スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウズい時間にひたる

    昨日 紹介した ウズベク民族伝統絵画展

    ウズベクからやってきた キシュミシュ(干しブドウ)やナッツ
    kuwmuw.jpg

    懐かしい アリョーンカのビスケット
    アリョンカ

    それに 夢にまで見た ナン など ウズの味を 久しぶりにいただいた。


    私が あ~懐かしい!おいしい!と興奮していたせいもあると思うけれど

    ウズ太郎が それよこせ、それも食べる、と

    全部味見。

    特にナンはとっても気に入って バクバクと食べていた。

    ほんとに やっぱり この子は、さすがウズ太郎だよ。


    焼きたてのナンの味と香りは格別。

    最近は、スーパー カルジンカのパンコーナーに

    窯ができて、焼きたて熱々ナンを売っているそうな。

    素晴らしい時代になったね。

    以前は 町内に必ず一軒はナン屋があって

    それでも夜まで焼いている店は 大きな団地が近い住宅街にしかなかったけど、

    それがいつでもスーパーで買えるようになっちゃって…。

    旅行者にはとっても嬉しいけど

    小さなナン屋がつぶれませんように。


    前大使のおススメだという

    スルハンダリヤ州アルティンサイのカベルネソーヴィニヨン ワインも
    160903230600.jpg

    授乳中なのでほーんのひと舐め。

    うむうむ、靴クリーム臭でおなじみ サマルカンドのバギザガンよりだいぶこなれて

    ウズワインも なかなか美味しくなったものよ。

    なんか、洗練されていっちゃうウズが ちょっとまぶしくて ちょっと遠い。

    帰ってきて2年が経った、秋の初めのメランコリー。

    大統領の葬儀と ウズベキスタン絵画展

    8月27日にカリモフ大統領が脳出血で入院と報道されて以降

    8月29日には 未確認としながらも死亡説が流れ、

    後釜の大統領候補や 混乱を懸念する様々な憶測を呼んでいた一週間。

    ウズ国内は彼の回復を祈るメッセージであふれていた。


    死亡説が真実であれ、

    毎年ピリピリする9月1日の独立記念日を過ぎるまでは

    何があっても死亡発表はないだろうと思っていたが、

    案の定 2日 夜9時過ぎに 各局一斉に大統領の死亡を報じるテレビ番組が流されたという。

    3日、棺は黒塗りの車でタシケントを出発し、

    カリモフの故郷サマルカンドに向かった。

    その沿道は市民が埋め尽くし、次々に花を手向けていた。


    この一週間、facebookでは 私の友人知人をはじめ

    ウズベク人の老若男女問わずが

    次々と お見舞いの祈りや哀悼の意を表明していた。

    独裁25年の強権為政者は

    独立後 きっかり丸25年君臨した 偉大なる大統領として

    意外にも 愛されていた。

    葬儀会場にはロシアからメドベージェフが弔問。

    肉親としては黒衣に身を包んだ奥方と次女ローラの姿は確認できたが

    長女グリちゃんは やはりいなかった。


    さて、国内がそんな混乱に包まれていたせいか どうなのか、

    日本で9/2-9/10の予定で開催の ウズベク伝統民族絵画展

    肝心の画家と作品が来日できないアクシデントが発生した。

    唯一出国ビザが下りた画家のお弟子さんが

    急きょ 師匠の小品を携え何とか来日、

    絵画展は一日遅れでオープンした。

    ウズベキスタン絵画展

    小さなギャラリーだが、

    シルダリヤ芸術アカデミーディレクターの アノールクル ボイベコフ氏の作品を中心に

    ミニアチュール 水彩 油彩 が並び、

    アクセサリーや エナメルの小箱など ウズ小物も見ることができる展示即売会。

    ウズベクを知る人なら、あ~懐かしい と思う風景がいっぱい。

    ぜひお出かけください。


    於:ギャラリーniw 東京メトロ 江戸川橋駅より徒歩3分

    9/10(土)まで 9:00-18:00
      ↑
    9/7(水)18:00までに短縮されました

    浅草にウズベク料理を食べに行く

    ウズ駐在時代のお仲間が上京するというので、

    ウズ料理屋で2年半ぶりの再会をすることにした。


    浅草と入谷の間に 今年の春オープンしたばかりの

    「ハラルフード サマルカンド」。


    朝9時からやっているので、日本で朝プロフも再現可能な稀有なお店。

    シェフのウズベク人はラマダン中でお店には立っていなかったのが残念。
    浅草サマルカンド1
    ↑パティル(パイ タイプのナン) ↑マンティ(羊肉餃子)

    パティルは作りおきだったので若干固いけれど、

    あ~、こういう味だった と懐かしく思いだす。


    プロフは、一皿で2人前はあるボリューム。

    甘めの味付けで、炒め玉ねぎがほとんど入っていないのかも。

    サマルカンド風に色白目、

    人参メインの でもちょいオイリーな

    ひよこ豆とレーズンにクミン少なめの日本人仕様。

    ↓プロフ
    浅草サマルカンド2
    ↑カザンケバブ

    その場で注文できるカザンケバブがあるのはうれしいところ。

    骨付きのラムとポテトを炒め煮した 私の大好きな料理。

    私にはこれが一番美味しかった。


    他には写真を撮り忘れてしまったけれど

    チュチュワラ(メニューでは バラクショルパ)=水餃子スープなど

    餃子系のメニューがいくつか。

    ひとくちでウズ!

    日本人にはうわっというしょっぱさかも。

    でもウズ滞在者には、

    一気に 暑い、ほこり臭い空気の下 タプチャンで、或いは絨毯で

    すするシュルパ(スープ)の味が脳によみがえる。

    これこれ、この塩気と油!と思わず唸ってしまう。


    デザートにはハルヴァがある。

    ハルヴァは国や地方ごとにいろんな種類があるけれど、

    ここのは練乳を練ったようなタイプで、ミルクセーキみたいな味。


    どれも、シェアして 一人一口ずつくらいが 丁度良いと思う。

    入口で、ウズ男子のゴム靴を売ってたり、

    段ボールを 布で包んでロウで封した ウズベクの郵便局からの航空貨物が飾ってあったり、

    ウズを知る人にしか分からない懐かしさが満載のお店。

    電話番号は個人携帯のためネットでは非公開(お店に行った人には教えてくれます)。

    どうしても知りたい方は、個人的にメールください。


    最近は、西荻窪でウズベクワインを輸入する酒屋ができたり、

    中央アジアの味が近くなってきた。

    一方で、トルコのアタチュルク空港のテロ犯は ウズ人 キルギス人 ロシア人。

    世界が小さくなっている分、危険も近くなっているのかも。

    今はまだ平和で落ち着いた穴場のイスラム圏、ウズ。

    今が狙い目。

    これから先は、ちょっと分からなくなっていく、かもしれない。

    キルギスの甘い誘惑

    ウズベクから帰国して早2年、

    大事に持って帰ってきた

    ウズベクのハチミチも キルギスのハチミチも 食べきってしまい

    おいしいハチミチが食べたいなぁ

    でもあんまり高いのは買えないからなぁ と

    あちこち探していた。


    ら、ららら!

    近所の成城石井に ロシア語 発見!

    Мёд !(ミョード=ハチミチ)

    ひっくり返すと、なんとキルギス産 ではないか !

    日本で買えるキルギスのハチミチ

    純粋はちみつ…。


    そうよね、キルギスのハチミチは純粋で素朴よね。

    ようこそ日本へ~!!

    お値段 およそ1600円。

    ん~、よし、買っちゃいましょう。


    無精製のハチミチならではの、

    ちょっと泡立った表面に すがすがしい刺激と香り、

    うつくしい乳白色。

    とっても美味しい、懐かしい。

    末永く日本で取り扱ってくれますように。

    フェルガナより愛をこめて

    今治がいま フェルガナ綿でタオルを作っている。

    タオル(イメージ)

    ミルト フェルガナ バスタオル
    http://imabaritowel.net/imabaritb/7.1/47-0008BT2625/

    中央アジアにあるフェルガナ盆地。
    地平線が見渡せるほどの壮大な平原。
    一面に広がる綿畑で、太陽の光をいっぱい浴び、
    大切に育てられた長綿を甘撚りにした
    フェルガナソフトの綿糸を使用しています。



    エアリーホワイト
    http://www.murakami-towel.com/store/menu_uzubeki.html

    ウズベキスタン産長綿(フェルガナ綿)を使用しています。
    綿糸の撚りを、一般的なものの約半分にした甘撚り糸を使用することで、
    洗濯してもふわふわとした風合いを保ちます。
    最先端の技術、地球 に優しいオゾン漂白加工の商品です。



    ウズベキスタン綿

    ウズベキスタンのフェルガナ盆地(ロシア西部)で栽培された
    綿花のフェルガナ綿です。
    枯葉剤を使用せず手摘みで収穫しているので、安心かつ安全性が高く、
    そして不純物が混ざっていないのが特徴です。
    撚り(ねじり)回数が従来の半分の糸を使用している為、
    洗濯しても柔らかさが損なわれにくいです。
    http://h-cjt.com/knowledge/



    世界的には 児童労働・アラル海干ばつなどの問題から

    ボイコットされたりもしているウズベク綿。


    何十年も同じ土地に作付して収穫量が下がり

    農薬に頼らざるを得なくなったとも聞く。

    枯葉剤を使わず… 本当だろうか。

    まぁ契約農場ではできることかもしれないよね。


    手摘み… うーむ。

    私の駐在中、すでにタシケントでは

    ガーッと収穫できるような重機の展示会も開かれていたが

    それが実際 地方では燃料の問題や 地面がボコボコすぎて走らない、という

    理由で手で摘まざるを得ないジレンマがあった。

    品質的には手摘みが一番いいのだそうで

    丁寧に生産しているように聞こえるけれど、

    腰をかがめ 手を傷だらけにして 炎天下 一日中 ノルマに追われる

    手摘みの過酷さは相当なもの。

    日本から手摘みを強いるのもどうなんだろう。


    ソ連時代から 綿花スキャンダルのある国で、

    いまだ背景にはいろいろあるはずだよなぁ。


    それでも パフタ(綿花)労働に駆り出される人の顔が 姿が ハッキリ浮かぶ私にとっては、

    フェルガナ綿と聞けば やっぱり応援したくなる。

    せっかく皆が頑張って作って摘んだパフタが

    日本でブランドタオルになる時代になったのだから、

    これから贈り物にはこのタオルをつかおう。

    今治タオルのネームバリューが

    パフタコール(綿花の作り手)の皆さんの暮らしを 少しでも豊かにしてくれますように。

    春が来た

    今年のナウルーズイベントには一切出かけられなかったので

    我が家でプロフを炊いて 春をお祝い。

    navruz2016 (350x263)

    リシタン NORIKO学級のアリシェル・ナジロフ窯で買った

    フタものに盛ってみると、

    ちょっと中東感も漂いパーティー料理って感じになった。


    離乳食を始めたウズ太郎は、

    そばで私達の食卓を見つめながら しきりに口を開ける。

    特にラムのスペアリブにかぶりつこうと手に取ると、

    「それくれるの?ウズ太郎にくれるの?」と期待を込めた目で訴えてくる。

    他のお料理ではニコニコ見てる程度なのに、

    プロフだけは本当に食い付きが良い。

    ごめんね、ウズ太郎や。君がこれを食べられるのはあと1年くらい先、かな。

    プロフを食べてれば、ニンジン嫌い レーズン嫌い 羊嫌い なんてあり得ないよね。

    uztaro (350x263)
    何でもなめたがりのウズ太郎。

    最近は、スザニクッションやチャパンのゴールドの刺繍を

    カリカリひっかくのがお気に入り。

    さすがやっぱりウズ太郎なのだね、母は驚いちゃうよ。

    なんちゃってウズの味

    だいぶ日が長くなってきた日本。

    あちこちで梅も咲いて、まるでタシケントでよく見かけた杏の花のよう。

    もうタシケントはナウルーズに向けてめっきり春めいて来たんだろうなぁ。


    そんな春の予感一杯の日曜の午後、

    急に 突如 猛烈に、

    ビールが飲みたくなった。


    妊娠して以降、

    お酒が飲みたいなんて毛ほども思わなかったのに

    さすがに禁酒15カ月も過ぎると

    お酒の味が恋しくなるものかしら。

    こんな時のためにと、

    一応買っておいたノンアルコールビールをプシュッと開けてみた。


    アルコール0.000% ドイツ麦芽使用の 龍馬1865 というやつ。

    ・・・割とビールっぽい。ホップの香りもあって

    確かに外国の地ビール、

    言われてみればドイツの白ビールみたいな雰囲気。

    これは頑張ってる方じゃないか。

    でもなんか泡立ち悪いし、

    やっぱビールとして飲むには

    もうひと押しパンチが足らない。


    すると、下戸の彼がひと口お相伴の後

    ナイスな感想を放った。

    ―これ、ちょっとクヴァスっぽいね。

    ! ! そうね、お砂糖入れたら

    これクヴァスだわよね。

    この龍馬の原材料

    麦芽、ロースト麦芽、ホップ。

    クヴァスは黒パンを発酵させたものだから、

    材料的にも近い味になるはずじゃない!

    入れてみましょう黒砂糖。
    なんちゃってクヴァス (263x350)

    クヴァス!になりましたよー!


    昨夏飲みたくて堪らなかったクヴァス。

    でも日本で手作りしているロシア料理屋はいくつかあれど

    アルコールが入ってしまう可能性が否めないので

    ちょっと飲めないよなーと諦めた。

    それが、ノンアルコールで

    近所の酒屋ですぐ買える

    なんちゃってクヴァスなら充分ありがたいじゃないかー。

    この夏はヘビロテで買いますね、龍馬。

    ちなみにもうひとつウズの飲み物と言えば

    モルスがあって、

    ロシアならこけももみたいな

    赤いモルスが一般的だけど、

    タシケントのモルスは

    バルバリスで作るオロナミンCのような味。

    どうあっても日本のロシア料理屋では

    お目にかかれない。

    それでもなんとか近い印象を探してみたチモラーシカの

    これなら遠からずかなーというのが

    北海道名物ガラナ、です。
    モルス

    以上、日本でクヴァスを飲みたい方に捧げる

    提案でした。

    スルタノフ氏 来日す

    抑留者資料館の館長 スルタノフ氏が来日した時の記者会見の模様が

    youtubeにアップされたので 興味深く見た。

    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uXJeKVIcpE8

    鉄板焼

    いつの間にか、タシケントに鉄板焼やが できている。

    その名もTEPPANYAKI


    味噌汁
    オリエンタルサラダ
    野菜天ぷら
    炒飯(イメージはガーリックライスかな) に 

    メインメニュー(照り焼きチキン や フィレミニヨン、えび など)から1品 ※追加料金有

    がついて

    一人78000ソム(もうわからないけど おおよそ25ドルかな) だそう。

    アラカルトメニューもあり。


    輸入した海老やほたてやステーキを

    あの一枚鉄板でシャッシャッと焼いてもらって堪能できる と言う触れ込み。

    鉄板焼きはヤクザ映画とかによく出てくるから、

    日本のお金持ちが食べる、ってイメージが 外国人にはすごくあるんじゃないかな。


    場所は、アミールティムール通りのミノール駅そば、

    Terassaのとなりなのかな、Terassaか ゴールデンリバーが つぶれたのかな。

    カフェカフェ2号店やハルピンに はいる路地のところ。


    ウズのセレブ達には 評判良いみたい。

    いや~、変わりゆくね、タシケント。

    抑留者のフィルム

    2016年が明けた。

    ロシアの習慣で年越しパーティーこそ力を入れるけれども

    ウズベキスタンの新年は春分の日のナウルーズだから、

    1月はただ寒く寂しいだけのタシケントの街。

    今頃はそれはハッとするほど美しいチムガンの雪山が クッキリ見えるんだろうなぁ。


    帰国して一年半以上経過し、

    いつ止めようかと思いあぐねながら

    未だダラダラ続けているウズベクブログ。

    ウズ太郎が出来てからは月イチで書くのがやっと。

    今年は たまにネタができた時だけアップすることになっていくでせう。


    新年一発目は、テレビ番組と

    ウズベキスタンに抑留された日本兵たちの記録映画の上映会のお知らせ。

    いずれも、戦争に翻弄された日本人男子の人生を見つめる企画だ。

    今にふさわしいと思う。


    二年前の11月、私はパリにいて

    先日テロリストに襲撃された あのカンボジア料理店で舌鼓を打っていた。

    当時から美味しくて若者に話題のお店だったから

    私達のようなツーリストだってふらりと立ち寄ることもある。

    二年前の日が あの日 だった可能性だってあったはず。

    私が、友人が、テロに巻き込まれることが

    これから先は全世界で あるんだ、と震撼した日。

    他国の戦争に不用意に関わっている場合でも

    遠くの戦争に無関心でいることが許される時代でもない。

    過去から学び、争いをなくす。

    これってどんな宗教だって否定できない真理なんじゃないのかなー。


    ・1/9(土)13:00-14:00 NHK-Eテレ
    「こころの時代 こころの壁を超える~文化人類学者・加藤九祚~」

    テルメズで仏教遺跡の発掘活動を続け

    ウズベクの小学校の教科書にも載っている加藤先生の半生のインタビュー、

    昨年九州エリアで放送され好評だったそうで全国ネットでも放送、今回は再放送。


    ・1/23(土)12:00-13:30 東京霞が関
    「日本ウズベキスタン協会主催のトークイベント」

    タシケントの日本人墓地の向かいにある抑留者資料館の館長さんを迎え、

    彼の集めた抑留者の映像を上映する大変すばらしい企画。

    私もできることなら行きたいけれど、ウズ太郎・・・ウズ太郎・・・

    詳細は以下、日本ウズベキスタン協会facebookより。

    日本ウズベキスタン協会 The Japan-Uzbekistan Association
    2015年12月14日 23:32 ·
    .
    「本邦初公開!タシケント日本人抑留者資料館所蔵映像「ヒイラギ」の上映
    & タシケント日本人抑留者資料館館長スルタノフ氏の解説!」

    現在、スルタノフ氏来日に際して外務省と最終調整中ですが、
    タシケント日本人抑留者資料館で上映されている「ヒイラギ」を
    当協会で見られる非常に貴重な機会をご用意しました。
    「ヒイラギ」はスルタノフ氏が作成し、日本人抑留者についての調査、
    日本人抑留者の当時の様子などの貴重な資料映像です。
    今回はスルタノフ氏ご自身より詳しく解説もして頂きます。
    「ヒイラギ」の日本での上映はもちろん、スルタノフ氏による講演も
    日本では初めての機会ですので、どうぞこの貴重な機会をお見逃しなく、
    ぜひご参加下さい。

    日時: 2016年1月23日(土) 12:00~13:30
    会場: 日本プレスセンタービル10F (東京メトロ霞ヶ関駅 / 都営地下鉄内幸町駅)
    参加費: ¥1,500 (会員・学生は¥1,000、留学生・中学生以下は無料)
    定員: 最大50人を予定
    お問い合わせはトークの会専用メール( talk-uzbeku@nifty.com )へ
    お願い致します。
    協会事務局、会場へのお問い合わせはご遠慮願います。
    詳細は当協会HPにて
    http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/works/2015/39.html

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。