FC2ブログ

    2年目が来た

    3/11がくると、日本のテレビは 大震災の記憶 一辺倒。

    でもこれは、特集でやるものじゃない。

    毎日追いかけるべき 毎日考えるべきなのよね。


    いまも、東北では ジャージやリュックなどの日常着作業着、防寒着に ものすごく需要があって、

    東北支援用に 古着の寄付を受け付けている。

    しかし、タダで配ることは出来ないということで、

    民間の古着屋さんが 超激安フリマを開催して さばいているらしい。

    母の箪笥の肥やしだったものや買い置き品を あれこれ詰めて送ってはみたが

    2年経っても、5年経っても、10年経ったって 支援の手は欲しいだろうになぁと考えてしまった。


    1年前、日本は世界に向けて 大々的に復興アピールをしたけれど

    実情は首をかしげざるを得ない。

    頑張ろうニッポン、じゃないよ。もうみんな頑張りすぎて疲れちゃったんだよ。

    がんばれよ国政。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    勉強になります!

    毎年タシケントに遊びに」出かけて7年目になりますが、未だに分からないことも多く大変勉強になります。2年前の当日タシケント、成田経由で関空に着きJRの北陸線の空き情報を聞いてる時に地震が起きました。京都を過ぎた頃に富山以降は運転されていないとの車内アナウンスがあったように記憶しております。ウズベキスタンから旅立つ朝に友達から日本で大変大きな地震があり、東京が津波に襲われ大変なことになってるから帰らない方が良いと勧められました。あわてて日本の友達に電話したところ東北の方で少し大きめの地震があったようだとの返事。未だに私にとって東北、関東大震災は、ウズベキスタンからの帰国日であり、不思議な体験をし、忘れることが出来ません。

    Banさま

    もう7年も通っていらっしゃるのでしたら
    タシケントの変遷や色々なことをご存じと思いますが、
    私のブログを読んで下さり ありがとうございます。

    大変な日に帰ってらしたんですね。
    私は反対に、震災後に日本を発ったので
    ドタバタドキドキのままウズベクにやってきて、
    原発の影響や復興の様子をつぶさに肌で感じることがない1年半でした。
    2年経った今ではあの時の恐怖も薄れてきています。
    忘れてはならないのに、と思いつつ…


    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント