FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    抜けないウズ癖

    ウズベキスタンでは、プリングルスは高級品だ。

    輸入品だから 値段が国産ポテチと比べて

    べらぼうに高いのはもちろんだけれど、

    その空き容器にすら価値がつく。


    嘘だと思うなら、ヤンギアバットバザールか

    その辺のフリマっぽい露店に行ってみれば良い。

    筒の部分だけだったり、プラスチックのフタだけだったり

    いずれにしろ絶対 プリングルスの空き容器が売られているはずだ。


    実際プリングルスのフタは、とっても便利なのだ。

    私もこのフタは捨てずに愛用していたし、

    日本に帰って来た今も つい捨てられない。


    何に使うかというと、
    150812010314 (350x263)

    コップやマグカップに ぴったりのサイズなのだ。

    密閉は出来ないけれど、大概のカップにかぶせることができちゃうの。

    稀に密閉もできるくらいぴったりな 小鉢や瓶にも出会えちゃう。


    ちょっとフタをしたい時ってあるではないですか。

    作業している人に、ここに置いとくわね~と飲み物を出す時、

    ティーブレイクを終えて席を立つ時、

    ちょっとした乾物を水に戻している時、

    そして冷蔵庫内でスタッキングしたい時、

    ラップじゃなくて フタ! これは便利。


    日本には、吸盤になるシリコンラップが 今や100円で売られているから

    必要無いんだけれど、

    ウズベクでは本当に便利だったので

    つい日本でも取っておいてしまう。


    ちなみに、↑の画像にあるコップも

    わざわざウズベクから買って帰って来たもの。


    今やガラス製品は ほとんどがトルコ辺りからの輸入なので

    余計なデザインや色柄が付いているくせに

    結構高い値をつけているウズベキスタン。


    でもこのコップは、

    ソ連時代のスタローバヤ(食堂)で コンポータを頼むと出てくるような

    超レトロなコップなので 最近のウズでは見向きもされていない。

    けれど シンプルで丈夫で使いやすく、かつ激安。

    ウズの民芸、と言って良いのでは。


    ウズでコップを揃えたい方には とってもオススメ。

    チョルスーの金物屋で見つかる。

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。