FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    とっとこウズ太郎

    チモラーシカは サマルカンドの少し先のウルグットで

    かわいらしいスザニを1枚 手に入れました。

    マイスザニ

    スザニには、小さなザクロが いっぱいに縫い取られていました。

    ザクロは実がたくさん入っているので、

    寝室に飾ると子宝に恵まれる という言い伝えがある模様です。

    けれどチモラーシカは、タシケントの家では そのザクロのスザニを

    ずっと暖炉の上に飾っていました。


    やがてチモラーシカは日本に帰り、

    「このブログにはたまにしか登場しなかった彼」と

    ゆっくりゆっくり家を整えはじめました。

    チモラーシカは タシケントでの暮らしを少しでも思い出せるように、

    少し大きめのベッドを買いました。

    そしてタシケントの暖炉で毎日眺めていたザクロのスザニを

    そのベッドにかけることにしました。
    鳥部屋4


    タシケントでは ただチモラーシカの目を楽しませていただけのスザニは

    ベッドカバーになった途端 その力を発揮しました。

    チモラーシカのお腹に、子宝が宿ったのです。


    お医者様に診せると、子供は男の子でした。

    チモラーシカは その子をウズ太郎と名付けて

    お腹が大きくなるまで それはそれは大事に育てました。

    大好きな お酒も お茶も お寿司も 血の滴るステーキも チョコレートも

    チーズも 明太子も 卵かけご飯も ウナギも 我慢しました。


    ウズ太郎はお腹の中で元気に育ち、

    チモラーシカがキュウリを食べると ぼこん とお腹を蹴りました。

    チモラーシカがプロフを作ると、玉ねぎを炒めている時から

    ぐるんぐるんと でんぐり返しをしました。

    チモラーシカが音楽を聞くと、手足をバタバタさせて踊りました。


    産まれてくる前から、なんてウズい子なんでしょう。

    チモラーシカは、ウズ太郎が生まれて大きくなったら

    いつか一緒にウズベキスタンを訪ねたいと思いました。


    産まれてきたウズ太郎は、ウズ太郎の名前を卒業し

    新たな名で呼ばれることになりました。

    けれどウズ太郎の痕跡を、神様はちゃぁんと残してくれました。

    ウズ太郎のお耳は ミフラーブの形をしているのです。
    ウズ太郎の耳フラーブ

    ウズ太郎は 自分のベッドに初めて寝た日、

    壁に自分のお耳と同じ形の青い模様を見つけると

    ずっと眺めては 嬉しそうに笑うのでした。
    ウズ太郎

    チモラーシカはそれを見て、ウズ太郎はやはり血を分けた子で

    自分のウズ愛はDNAに書き込まれるレベルだったのだと思いました。


    ウズベキスタンには紙オムツもありますが、

    家の中ではオムツをしません。

    木の管をお尻にくっつけて、布でぐるぐる巻きにして

    ゆりかごで寝かせます。

    ぐるぐる巻きになった赤ん坊は よく寝ます。

    お尻が濡れないので お腹がすくまで泣きません。


    チモラーシカは夢見ます。

    あぁ、今もウズベキスタンだったら。

    私はゆったりした気持ちで

    おむつかぶれも夜泣きもない子育てができるなぁ。


    けれどここは日本です。

    チモラーシカは ウズ太郎の紙オムツをせっせととり替えながら

    ぐるぐる巻きだけは やってみることにしました。

    そして ウズ屋敷には不似合いな イマドキのハイローチェアを揺らすたびに、

    ウズベキスタンのカワイイゆりかごを 買ってくれば良かったなぁと

    遠く空を仰ぐのでした。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    おめでとうございます

    お子さまの誕生おめでとうございます。健やかに成長されますよう、お祈り申し上げます。
    ザクロ模様の効果絶大ですね。ウズの揺りかごは、大阪の万博記念公園の民族学博物館で見たことがあります。木工が得意な人であれば、重心を調整しながら自作も可能ではないかと。

    おめでとうございます!

    ウズ太郎ちゃん、はじめまして、こんにちは!
    健やかな成長をお祈りしています。

    Re: 淡水魚さま

    どうもありがとうございます。

    主人は木工好きなのですが、

    さすがに「あれは作らない」と言っております。

    あの博物館については、

    加藤先生が解説する放送大学のアーカイブが

    なかなか興味深いです。

    Re: pacoさま

    ありがとうございます。

    ウズにいるようなゆったりした気持ちで育てて行けたら良いのですが、

    なかなか思うようにはいかない日々です。

    おめでとうございます

    チモラーシカさんおめでとうございます!
    お子さんお生まれになったのですね。うちの三男と月齢が近そうですね。スクスク元気に育ちますように。Umri,sogligi,chiroyi,aqli bilan bergan bolsin! Hayrli bolsin!

    Re: myramさま

    Katta kon raxmat!
    そしてmayramさんもtabliklaiman!

    私にも生まれましたー、というご報告をしたいなーと
    おもっていたところでした
    妊娠中からずっと夏生まれで近そうだなとは思っていましたよー
    私は予定日より遅くなってしまったので大分ずれましたけれど、同学年ですね。
    妊娠中からアクティブでパワフルなmayramさんの毎日は
    ものすごく参考にさせてもらっています。
    これからもお互い健やかに!
    そしてうずレストランのオープン楽しみにお待ちしています!

    Re: りえさま

    ご無沙汰しています、お元気ですか。

    > 女性にとって男の子は、女の子を育てるよりもかわいいですよー(きっと)❤

    ありがとうございます。
    女の子のひらひらした服を着せたかったなーと思っていましたが
    もうそんなのどーでも良いくらいウズ太郎にノックダウンです。
    元気な三兄弟、すくすくお育ちのご様子。
    成長の速さに驚いています。

    (*りえさんのコメント、みんなのお名前が入っていたので「承認」はしないでおきますね~
      ちゃんと拝読しました!)
    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。