FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    サヴィツキー美術館

    先日、何の気なしに BS Premiumをつけたら

    NHKアーカイブスが始まったところだった。

    亀山郁夫が旅する ロシア・アバンギャルドの特集で、

    あ、この感じなんか懐かしい、サヴィツキーっぽいぞ、と身を乗り出したら

    やはりヌクスの美術館を巡るドキュメントだった。


    ヌクスは、アラル海や 船の墓場のあるムイナク への玄関口として知られる

    ウズベク西部 カラカルパクスタン自治共和国の首都であるが、

    ヌクスの観光の目玉は もう一つ、この サヴィツキー美術館

    ロシア・アバンギャルドと カラカルパク民俗工芸の殿堂である。

    Lysenko_Bull (270x350)
    ↑サヴィツキー収蔵品の中でも有名な Vladimir Lysenko作 「雄牛」
    (上 ホームページより)


    私がアラル海を訪れた時は 美術館を見る時間がなかったものの、

    その後、収集家サヴィツキーの生涯や 美術館の収蔵品 を丁寧に紹介する

    ドキュメンタリーが ウズベキスタンFORUM TVで ヘビロテに再放送されていて、

    結構 面白かったので ちょっと行った気になる程には観たと思う。

    サヴィツキーのインタビューでの いかにも神経質そうな高い声や、

    そこにちらちら映る 60年代の女子学芸員達が着ている

    アトラスで仕立てた レトロな60’sファッションが衝撃的にカワイかったり、

    乙嫁的な民族衣装のコレクションが印象的だった。

    しかし私には、その収集された絵の価値はよく分からなかった。

    ↑の牛がカワイイな、と思った程度だった。


    ところが今回 日本語で見ると、その理解度はまるで違うものだった。

    1910年代に登場したロシアのアバンギャルドは、

    レーニンには革命的と奨励されたのに

    1930年代にはスターリンによって規制の対象となっていた。

    モスクワやサンクトから多くの芸術家が

    中央の目の届きにくかった南国タシケントへ流れてきたそうだ。

    薄曇りのドイツの芸術家たちが

    アルプスを越えたイタリアの太陽に強く憧れたように、

    きっとソビエト人たちも

    おおらかでのんびりとしたウズベクの太陽の恵みを

    大いに享受したに違いない。

    そして地方の貧しい現実を見て

    ますます創作意欲をかきたてられたことだろう。

    ドッピをかぶったウズじいをモチーフにしたり

    外国人がみて あ~いいな~、と思うウズベクの日常を

    切り取ったような作品も多く残されている。

    ところがそれが 反体制だと言われてしまう時代の波が

    ウズベキスタンにも到達してしまう。

    多くの画家が木枠からキャンバスをはがし

    たたんで丸めて屋根裏に隠さざるを得なかった。

    それを60年代以降、サヴィツキーがこっそり発掘し集めていったことで

    ロシア本国にもない ロシア・アバンギャルドのコレクションが

    出来上がった。


    番組は、抑圧された画家の背景を追っかけて

    ウズベクの公文書館だけでなく

    モスクワやサンクトにまでも飛び かなり深く突っ込んだ

    美術ミステリーのようなドキュメントになっており、

    ちょっと興奮する出来だった。


    これはやはり、アラル海旅行の頃に見に行ったって

    まったくその価値も意味も分からなかったはずだ。

    高麗人問題などを通じて

    すこーし スターリン時代の抑圧の恐ろしさを理解するようになった今だからこそ

    アバンギャルドにも ようやくちょびっと興味が持てたというもの。


    興味を持った方、再放送があります。

    2/13(木) 0:45~ NHK BS-3

    ↑ごめんなさい
    去年の情報でした
    見たい方はオンデマンドからどうぞ


    尚、2003年製作なので

    タシケントの街並みもちょっと古いし、亀山先生も若い。

    美術館の資金難も深刻だと まとめられていたが、

    今はフランスなど海外からの支援も少し入っているので

    多少だろうけれど 状況は良くなっていると思われる。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。