FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウルゲンチ・ヒヴァの旅⑫ お土産を買うの巻 前篇

    イチャン・カラの中は、入った途端に お土産物屋さんが

    バーン!と お店を広げていて

    カラフルな手作りアドラス傘を広げた屋台も

    ドーン!と 続いたりして
    アラクリ・ハン・メドレセ前 (350x263)
    土産物屋 (263x350)
    すごくテンションが上がる。

    何買おう、ワクワクって覗いてみると

    気に入るものがあるかどうかはその人次第だろうけど。

    でもヒヴァのお土産は 結構面白いと思う。


    ほうぼうの観光施設内に 日がな一日座っているおばちゃんは

    大抵編み物をしている。
    キョフナ・アルク (3) (350x263)

    何を編むのか、といえば もちろん これ↓。
    靴下 (2) (350x263)

    ユルタ(遊牧民のゲル)の魔除け模様としてもおなじみの

    うずまき模様を編み込んだ室内履き。

    素朴な2色使いもあれば

    模様を刺繍で縁取ってシャープに際立たせたタイプもあり。

    配色は おばちゃんの気まぐれと 毛糸の都合。

    いろんな色柄サイズから、お好みを探すのは楽しい。
    靴下 (350x263)
    中でも、この↑ハイソックスタイプは かなりオススメだ。

    まず何より、本当に暖かい!

    そして北欧テイストの色を選べば 履き姿も かなりカワイイ!
    靴下

    クリスマスが近づくこの時期、吊っておくのも絵になるかなー。
    靴下とツリー

    彼も気に入って履いているし

    老若男女問わず好評だ。

    目の前で編んでる人の手仕事品は あまり値切れなくて

    私は20,000ソム(当時750円)で買ったけど

    ハートの強い人はもっと安く買えるでしょう。


    同じく私のオススメは、以前も紹介したことのある

    この ラクダちゃん腹巻↓。
    はらまき
    まぁダサいけど、

    まぁあったかいから、巻いてごらんなさいって。

    キャメル×ラム ウール 20000ソム(750円)と、

    キャメル ウール100% 25000ソム(1000円)とがある。

    好きな手触りで選ばれたし。


    ヒヴァでは、他の地で見ないようなカバンを見つけることが多い。

    例えば ウズ各地の名勝をプリントしたトートバッグ。
    お土産 ウズトート2
    お土産 ウズトート

    ヒヴァならではの模様で、木彫りやスザニに多用されているモチーフを

    プリントしたマリン風のポシェット。
    ヒバの模様

    500円とか1000円といった価格で 買いやすく、

    日本でも使いやすいデザインはウズでは貴重。

    ただ、こういう ちょっとしゃれたものは

    在庫がない。現品限り。一点もの。これもウズ流。

    もし気になるものを見つけたら、買っておいた方が良い。


    オリジナルなお土産にこだわる向きは、

    服を仕立ててもらうのは いかが。
    テーラー

    エスニックな服を着たマネキンが立っている土産物屋の中には

    ミシンを置いているお店も結構ある。

    試着して、なんかブカブカで だっせ、とか思っても

    大丈夫、アタシが今ちゃちゃーっと縫っちゃるから お買いなさいよ!って

    ぴったりマイサイズにお直ししてくれる。

    また、気に入ったアドラスの反物で

    テーラーメード も可能。

    シンプルなワンピースやスカートくらいなら

    イチャン・カラを ひとまわりして来る間に出来上がる。


    レストランの回で紹介した アートレストランのある

    アラクリ ハン メドレセには、
    アラクリ・ハン・メドレセ (350x263)

    フェルガナ マルギランの工芸家センターの染色職人さんが

    時折出張して アトラスの反物、バッグ、ポーチなど マルギランのお土産を売っている。

    他にも ベカサムやジャンダ織りのストールなど

    ちょっと他で見ないウズの織物があって いつも掘り出し物に出会える。

    先述のトートバッグもここで見つけたもの。

    メドレセ内 右手中央あたりのドアのないオープンスペース。

    布好きにオススメだ。


    次回は、職人の手仕事を買う の巻。

    スザニや木彫りの工房を訪ねます。

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。