FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大化の改新の頃にさー

    サマルカンドで好きな場所。

    挙げてしまうと月並みだけれど、

    シャーヒ・ズィンダ廟の 青い青い世界。

    シャーヒズィンダ

    コニギル・メロスの ゆっくりとした時間。

    メロス

    もうひとつ、アフロシヤブ博物館は血が静かに騒ぐ場所だ。


    ソグドの都であったサマルカンドの王に朝貢する
    アフロシヤブ博物館
    世界の使節達を描いた壁画が展示されている。

    インドやチュルクだけでなく中国、朝鮮からの使節まで
    アフロシヤブ博物館朝貢
    描かれていて、大変興味深い。

    日本に伎楽が伝わったとされる頃、7世紀半ばのものと言われている。


    伎楽に用いられた面や楽器や衣装は、

    インド・ペルシャ・中央アジアから中国に伝わり、

    それを習ってきたという百済(朝鮮)の人によって日本へ持ち込まれた。

    歴史の筋道としては、シルクロードや西域との交易からもたらされた

    と分かっているつもりでも、

    この壁画は、中国朝鮮が ここサマルカンドまで来ていたことを

    如実に物語っているわけである。

    西からじゅんぐりに東へ東へやってきただけではなく、

    そっか、東からも ここまで来ていたのか。そうだよねー。

    こういう風に実際やってきて、

    そして仕入れたものや情報が日本まで伝わった、

    それがどういうことだったのかを

    具体的にイメージできる 証拠のような壁画なのである。


    この壁画の頃は 白村江の戦いもおきている。

    以前、その舞台を 韓国に訪ねた時、

    よくぞ7世紀に こんな遠くまで1万人も戦しに来たもんだと驚いたのだけれど、

    韓国なんて全然遠くなかったわけだ。

    同じ頃、ウズベクからアフガンあたり(とする説もあるどこか)の王族が 日本に来て

    奥さんを置いて行った という記録が 日本書紀に残されているのである。

    朝鮮の使節団が朝貢の帰りに ソグド人の王族を連れ帰り、

    ついでに日本見物します?なんてことは、決して不可能じゃなさそうだ。

    そんなことを考えながらこの壁画を見ていると、

    もう 脳みそが幸福汁でいっぱいである。


    壁画の他にも、瑠璃や真珠や唐三彩風の焼き物やら、

    正倉院っぽい出土品と 東方の遺物も 多く展示されているので

    この博物館は、歴史ファンの方は訪れることを激しくオススメする。

    そして博物館を出たら、裏山に登るのだ。


    裏山は、アフロシヤブの丘である。

    ここ自体が 遺跡でありながら、羊や馬の遊牧地として放っておかれている。
    アフロシヤブの丘
    遺物なのか、ゴミなのか、判然としないけれども

    羊の糞に紛れて 焼き物片がゴロゴロ落ちているので

    なんかちょっとロマンなんだな。

    ゴミかもしれないんだけど、拾ってきちゃったり、するんだな。


    宝探しに疲れたら、一杯やりましょうよ。
    パルサー

    新市街にある 樽 を意味する ボーチカは、

    地ビール パルサーの生ビールが飲める店で

    地元のおっさんどもが集まっている。
    bochika.jpg
    ぐるぐるソーセージとか、まるごとおじゃがのシャシリクなど

    ビール党のハートをくすぐる ウズっぽくないルックスのメニューに

    ついテンションが上がるのね。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。