スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    世界で一番美しいブルー

    4/4 21:00~

    NHKpremium BS-3

    世界で一番美しい瞬間 スペシャル

    フランス・香港とともに、サマルカンドのナウルーズの模様が特集されます。

    映像がきれいな番組なので、どんなサマルカンドの瞬間が切り取られるのか とても楽しみ。

    サマル1
    サマル3
    シャーヒ1シャーヒ2

    どこをとっても、ステキだもん。
    サマル2


    ちなみに、サマルカンドのレギスタン広場の美しさを歌った

    80年代の流行曲がある。

    Купола Самарканда(サマルカンドのドーム)

    聞いてみたい方はコチラ

    残念ながらPVにレギスタン広場は登場しない残念な出来。

    でも時代が感じられて笑える。

    歌詞を知りたい方はこのサイトを。

    歌っているグループ Yalla については

    私はもっともっと、もう 大好きな曲があるので また次回に。
    スポンサーサイト

    ウチくる ?!

    ウズベキスタンに着任して最初の夏休み、私はキルギスへ避暑に出かけた。

    好意でキルギスであちこちを案内してくれたマクサットさんは

    私達よりほんの少し年上なくらいだったが とても落ち着いた人で、

    私達がウズベキスタンから来たということもあってか、

    車内のBGMに Ялла(Yalla ヤッラ)を選んだ。

    yalla2.jpg

    ―Yalla は ペルシャ系の言葉がもとで Let's Go! という意味だよ。

     ソビエト時代に流行ったグループだけど、

     ウズベクの出身さ、今も有名だよ。

    と教えてくれた。

    とても耳馴染みの良い 懐かしいメロディーで、

    Yalla と言う名前はすぐに覚えることができた。


    その後 ヨルダンに行った時、ドライバーが Yalla yalla! と言うのを

    よく耳にした。

    あちらでは今でも さ、行こ 行こ! と使う言葉なのだ。

    ウズベク語では yalla よりは やっぱり Ketdik(ケッディク)の方が

    一般的だし、タシケントでは男の子たちが さらに縮めて Ketdu (ケットゥ)! と言ったりする。

    私も ケットゥ ケットゥ を好んで使っていたけれど、

    言うと大抵笑われた。

    行こうぜ とか、或いは さ、行った行った 的なニュアンスなのかもしれない。


    そんな訳で 私には Yalla は やはり Let's Go ではなくて

    グループの名前という印象の方が強い。

    フォークグループ、と言って良いのだろうか。

    ソビエト時代なのでロシア語で歌っているけれど

    題材はどれもウズベクの田舎の風景を切り取ったもので

    旋律もフォークロアな感じ、

    懐かしい様な どこか寂しい様な そういう曲が目立つ。

    yalla.jpg

    モスクワなんかで聞いている人にとっては、

    たまらなくエキゾチックに響いたのではないだろうか。

    例えて言うなら、本州の人間が聞く 沖縄の 島人ぬ宝 とか 涙そうそう のような。

    或いは、いい例えではないかもしれないが

    チョー・ヨンピルの 釜山港へ帰れ がヒットした感じ、と言った方が良いのかもしれない。

    近い様でいてよく知らない、でも懐かしい、行ってみたくなる土地の歌

    そんなイメージだったのだろうと思う。

    未だに、ロシアの コメディクラブ などの バラエティ番組では

    中央アジアをネタにしたコント(もしも旦那さんがタジク人だったら とか

    もしも上司がカザフ人だったら みたいなコント)をやる時に

    Yala がBGMにかかる程、中央アジアを代表するメロディーとして定着している。


    その Yalla、 先日紹介した

    サマルカンドのドーム などよりずっと流行った曲がある。

    いまでも 街やテレビや結婚式などで耳にするし、

    Yalla のボーカル ファルフ・ザキロフは テレビ出演はもちろん
    farrux Zakirov
    有名レストランなどでディナーショーやコンサートも精力的に行っているからだ。


    彼らの最大のヒット曲は

    彼らの出身地をモチーフにした Уч кудук('Ochi Kuduk ウチクデュク)。

    三つの井戸 と言う意味の地名で、ソビエトでは

    ロシア語の три колодца として発表された。

     熱い太陽に照らされる中 旅してきたキャラバンの渇きをいやす

     砂漠のオアシス ウチクデュクの三つの井戸よ

    と言うような歌詞で、ウチクデュクの名が連呼される。


    でもこれは日本人なら多分 十中八九 ♪ウチくる~ と聞こえる。

    空耳アワーに投稿したいと常々思う程だ。

    さぁ、聞きたくなったでしょう。

    思わず井戸の水が欲しくなる超砂漠なPVはコチラ

    ロシア語の歌詞はコチラ

    ちなみに↑歌詞サイトの 上方にある

    ♪ Тональность ►Плюсовки

    というところ、

    ♪ Тональность でキーの高低と テンポの遅い早いを選んで

    Обработать

    を押すと確定、

    ►Плюсовки から 歌入り、カラオケ、などのバージョン別音源を選んで

    再生することができる。

    これであなたも ウチくる をマスター、ウズのカラオケで歌えます。


    他の名曲は、

    Шахрисабз (シャフリサーブス)動画はコチラ

    Чайхана(チャイハナ) 動画はコチラ

    Караван(キャラバン)※あまり素敵な動画は無し

    Чинури(チヌリ)※あまり素敵な動画は無し

    など。

    このYallaの曲一覧から 曲名を探せば

    先の 歌詞と音源のページに飛べる。


    私は スマホに入れて 目覚ましに設定してあるので

    未だに毎朝聞いていて飽きないし

    桜見ながら Yallaを聞いていると

    あぁ去年の今頃はウズの桜を見ていたのになぁ、と とってもノスタルジー。

    今のウズポップスも良いけど、

    ウズの誰もが知る 懐メロも、ぜひどうぞ。
    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2015/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。