FC2ブログ

    キルギス⑰ 解体ショー

    キルギスの首都はビシケクで~。

    ビシュケクっ子の ドライバー氏は 無理だって言ってたけど、

    キルギスの地方っ子男子なら、絶対 羊の解体が できるらしい。


    ユルタ村で、ふとトレーラーの陰を見たら

    父子で 羊を 屠って 解体していた。

    見てていい?と言ったら

    何が珍しいのって顔で

    見たらいいさ、ついでに食ってけ、と。

    ありがとう
    羊の解体ショー

    首を落として、足の関節を落としたら、

    そこから ずぶずぶと 手を入れると

    ぶりりん、と 皮が むけるのよ、奥さん。

    手開きよ、手開き。

    さすが、脂肪の多い羊さんね。


    それで、4つの足を子供に持たせて、

    パパは さーっと お腹を開いて、

    内臓と血を抜いちゃうの。

    ものすごく 鮮やかな 手つき。

    子供も もちろん 全く 嫌がんない。

    捨てるところなし。

    いやぁ、良いもん 見せてもらった。


    これを、また鍋で煮込んでスープをとり、

    そこに ほうとう の薄いの みたいな麺を入れると

    ベシュバルマック。

    カザフ名物だけど キルギス版は 麺がちょっと違う。
    ベシュバルマック
    顔も、腸も、全部入り。

    臓物好きには たまらないビジュアルすごく ウマそう。

    ベシュバルマックをもらう
    この腸がね、旨いんだよ、っつって、

    できたてのスープを ただで二杯も 飲ませてくれた。

    これ、食堂で出すんでしょ?

    稼ぐ相手のはずの 私たちに ガンガンふるまってくれる、

    お優しいキルギス男子と ハイ チーズ~


    マトンが苦手な人には、ちょっと臭いかも。

    でもあたし、こんくらいなら ヘーキ。

    キルギスの人には、これが一番おいしく羊を食べる方法なんだって。

    あったまったし、旨かったっす!

    スポンサーサイト



    ナウルーズの街並み

    日をずらしただけあって、

    それはお天気に恵まれた 3/22。

    絶好の ナウルーズ日和。


    気温は 朝から 16度。

    昨日までの雪模様から
    ナウルーズの飾り
    一気に春を迎えた。

    Assalom navro'z!の看板や 花飾りが あっちこっちに。


    子供たちは やっと外で遊べるようになったので 大喜び。
    ナウルーズの凧揚げ少年
    懐かしい凧上げが ウズの春では 大人気の遊びだ。

    ミニサマルカンドの青い空には 白い凧が ひときわ映える。
    ナウルーズのタコ

    ナウルーズとは、春分の日であり、新年のお祭りでもある。

    なるほど 正月らしい風景だ。
    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    02 | 2012/03 | 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント