FC2ブログ

    ぱ~っと 明るい春よ 来い

    ウズベキスタンでも、連日 地震と余震の ニュースは聞こえている。

    これから先も 年単位で 大きな余震に 注意せねばならないという。

    東海・関東直下型も4年以内とか言われているのに…


    この一週間は、一年前のことを思い出して

    ハートが とてもとても 疲弊した。

    それに追い打ちをかけた 相次ぐ地震。

    太平洋側の 人たちは 特に 生きた心地がしなかったろう。

    頼むから神様、もうこれ以上 怖がらせないでよ。


    今、こちらは、ウズの学生さんの 日本への留学試験が終わった矢先。

    昨年は 地震で 留学を取り消された子もいるから

    合格した子たちは みんな希望に燃えて、日本に行ける日を心待ちにしている。

    自分の親の収入を 上回る程の補助金を得て 留学できるなんていう

    ビッグチャンスは ウズベクでは そうそう ない。

    一人でも多くの若者に、世界を見て来てほしいと思う。

    でも親御さんたちは きっと とてつもなく心配だろうなぁ。

    今回のニュースで、中には 行かせてもらえない子も 出るかもしれない。

    1年前は、世界中から 温かい支援が届いて、

    日本だけで抱える悲劇じゃないんだ、

    世界中が見ていてくれるんだ、と気づかせてもらったけれど

    いまだに 日本の地震は、日本だけじゃなく

    世界の人々の人生まで 巻きこんでしまっている。


    寒い寒いと思ったら 急に暖かくなり

    かと思うと また雨が どどど と降ったりして

    もう春になるのに、なんだか 気持ちまで どんより、どんより。

    そして春のせいか、気圧のせいか、モーレツに眠いぞ。

    元気出していきまっしょい、私。
    スポンサーサイト



    キルギス⑩ バラクチ駅

    チョン・ケミンから 東へ およそ一時間。

    イシク・クル湖の西端、

    漁師 という意味の バルクチは

    ビシュケクから延びる 唯一の国内列車の 終点でもある。

    写真は、バスターミナル。駅もすぐ。
    バラクチ駅
    ちょっと、寂れてしまった感が否めない、二昔前の 観光地の 匂いがする。

    ここから 湖の北岸を行くと リゾート。

    南岸を行くと 地元の人が営む農場が広がる。


    明日はいよいよ、旅のハイライト、イシク・クル湖のチョルポン・アタへ。
    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    02 | 2012/03 | 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント