FC2ブログ

    雪の日本庭園

    タシケントには、日本庭園がある。

    インターコンチネンタルホテルの敷地内にあって、

    視線を上げれば テレビ塔が見える立地にある。
    日本庭園碑

    紅葉を見に行きたいなぁと思っているうちに

    あっという間に雪が降っちゃったので

    このあいだ 雪景色を 見に行ってみた。

    日本庭園

    すぐ近くの 日本センターの図書室に、

    何年か前の ウズ人 日本語弁論大会の 原稿集が 置いてあるのだけど

    その一つに、この庭園をデザインした日本の造園家の

    通訳を務めた学生のものがあった。


    その内容は、以下のようなもの。

    造園家は、出来上がった庭を見に 来ウズし、

    開口一番「なんて小さい門だ」とガッカリした。

    そして、門を入ってすぐに公衆トイレがあるのを見て、

    「なんでこんな目につく所にトイレを作ったんだ」と嘆いた。

    通訳した学生本人も、確かにそうだなぁ、と思ったと言う。

    ところが、現場監督のウズ人は こう返した。

    「入口が小さければ、中はぐっと大きく見えるはず。

    良く見えるところにトイレがあれば、親切だし

    何より皆がきれいに使おうと思うはず。」

    これを聞いた造園家と学生は、なるほどと納得した、と言う話。


    私はこの原稿を読んで、とてもウズらしいと思った。

    つまり、現場監督は、造園家の設計図なんか

    まるっきり無視で庭を作っちゃったわけだ。

    しかも、もっともな言い訳をして、言い負かしてしまったわけである。


    実際目にした庭園は、雪化粧のために

    トイレも東屋も区別がつかなくて

    門も 格別小さいとも思わなかったけれど、

    回遊式庭園というのかな、

    水があって、石があって、橋や燈篭があって、

    趣きがある、部分も、ある。

    でも、どうしても背景にアクアパークやテレビ塔が入るので

    何とも不思議な気分。

    またお天気の日に行くと、印象が違うだろう。

    お花見、出来そうだ。

    鳩ぽっぽ
    白鳩がたくさん飼われている。

    園脇には、日本人抑留者たちの記念碑 慰霊碑も立っている。
    日本碑
    日本碑裏

    国として、抑留の歴史を忘れない碑を建てるのも大事なことだけれども、

    でも、ヤッカサライの日本人墓地にも

    これよりも前から 私設のとても立派な碑がたっている。

    新たな碑を建てる予算は、

    日本人墓地の管理をしてくれている墓守さんや

    私設の日本人抑留者資料館の運営の足しに

    まわすようなことも できたのではないだろうかねぇ。



    スポンサーサイト



    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2011/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント