FC2ブログ

    豪邸の中身

    昨日のような豪邸、

    私も物件探しの過程でいくつか見せられた。

    兎小屋出身の日本人には 度肝を抜くスケールなので、

    私、ここんちのバスルームより狭い家で暮らしてるんだけど…

    と 初めこそ 怖気づいていたけれど、

    人間 豪華さにも慣れるもの、

    後学のためにバシバシ撮らせてもらった。

    そして思うことは、豪邸のくせに 使い勝手が考えられてない。

    何とずさんで稚拙な設計であることよ。



    例1:私がここに住んだならば、毎晩マイフェアレディごっこをするだろう

    と夢想した螺旋階段のある玄関。
    家の玄関
    階段を2人以上で降りると ゆさゆさする。

    しかも手すりは片側のみ! 酔っ払っては登れない!


    例2:一見して広いキッチン。
    家のキッチン
    画像左下にご注目。

    段差がある。しかも2段。

    動線が悪いどころか 最早キケン。

    しかも!食堂も居間も1階なのに キッチンだけが 地下ときた。


    例3:イルカ模様の巨大プール。
    家のプール
    天井高と比べて 何か割合変だと思いません?

    こっちのプールはどこも深くて、水深は1.5m以上。

    水ももったいなけりゃ、溺れる危険性も大。


    例4:最新式ボイラー。
    家のボイラ
    あの家の広さで、ボイラー1個は無理。

    古くても、このくらい付いてないと

    セントラルヒーティングとお風呂を賄えない。


    建売というのは、どんなにミバが良くても所詮庶民が造っている。

    そこんとこ行くと我が家は、

    前の住人が自分が住むために建てた注文住宅なので

    へんてこりんではあるし、古い故の修理個所はごまんとあるが

    でもなんだか 住み心地は悪くないかも。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2011/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント