FC2ブログ

    遺伝子

    遺品を片づけていて、

    母が自分で買って しまいこんであったアドラスが出てきた。

    あら?

    私が帰国前に買いだめしたウズウズしいアドラスに

    こんなのがあったような…。


    左↓が母のアドラス、 右↓が私が買ったアドラス。
    アドラスの遺伝子

    母の方が選択眼が甘いので、柄が大きく織りも甘い。

    でも色と模様は おんなじパターンじゃないか。

    親子ってキモい。遺伝子って怖い。

    ギョエ~っと唸ってしまった出来事。

    さて、これを何に仕立てようかな。

    ウズい食卓

    朝食は ウズのティーポットで紅茶をいれ

    ウズのマリナ(ラズベリー)ジャムたっぷりのトースト。
    マリナジャム
    至福の香りだ。

    しかし1ℓのジャム瓶にも底が見える日が来た。
    マリナジャムの最期
    前後して キルギスのハチミチまで無くなった。

    今は最後のひと瓶、ウズのハチミチを大事に大事に食べている。


    ウズを去る日に最後のお茶をしたマダム自家製の

    フレッシュなミントティーも、

    残りが心もとない量になってきた。
    ミントティー

    こうやって、家からウズ食材が消えていくと

    その分ウズから遠ざかったんだと実感することになる。


    荷造りをする時は、ちょっと恨んだ私の物欲だけれど

    こうなった今となっては、

    器をたくさん買っておいてよかった、と 心底 思う。


    我が家では日常的に活躍しているウズベクの器たち。

    ほうじ茶もウズのチャイニクでいれ チャシクで飲む。

    お餞別で頂いたウズ茶碗で お抹茶を点てたり、 
    ウズ抹茶

    人間国宝の先生の器でうどん食べたり、
    ウズベクの器

    いつもの食卓がウズの延長にある。

    そう思えばちょっとハッピー。


    そう言えば、上述の1ℓのマリナジャムの次に開けたのは

    ロシア土産のジャムなのだけれど…。


    8歳まで、私の朝食はいつも同じだった。

    トーストに バタと いちごジャム。

    ただ ある時期だけ、

    ものすごく大瓶で いちごとは違うジャムを

    長いことかけて食べていたことがある。

    いちごではないベリーの絵が描かれ、

    いちごより酸味が強くて、小粒で、色が暗いそのジャムは、

    とにかく美味しくて、

    全く減る気配のない大きな大きな瓶が とても頼もしかった。


    あれは何のジャムだったのだろう。

    ずいぶん経ってから、父の友達が

    ソ連経由で外国に行った時のお土産だから

    おそらく ソ連のこけももジャム だったんだろう、という

    頼りない記憶が 父から出てきた。

    それから私は信州や福島や北海道や、

    とにかく こけももジャムを見つけると必ず買った。

    ツルコケモモの英名はクランベリーだ、

    IKEAのリンゴンベリーは こけもものことだ、と聞いては試した。

    そうしてその度、この味じゃないと落胆してきた。

    遡れるものなら あの食卓に戻って、ジャムのラベルを見てきたいと思った。


    ソ連文化の色濃いウズベキスタンに暮らすと、

    夏の間にジャムを煮る その保存容器は まさしくあの大瓶だった。

    あれはやはり ソ連のジャムだったことは間違いがなさそうだ。

    ロシア出張に行くという人に、私は こけももジャムをリクエストした。

    だが結局、ウズベクではウズベクのフルーツで作ったジャムが

    一番美味しくて そこでしかできない贅沢だ。

    たいした期待もされていなかったロシア土産のこけももジャムは

    出番がないまま、日本へやって来た。


    さぁ ようやっと

    何十年かぶりの ロシアの こけももジャムとの再会である。

    どんなもんだろう。

    あの頃のように バタを塗ったトーストにのせ ほおばった。

    意外だったが、

    あぁ、何と懐かしい!この味、きっとこれで合っている。

    ソ連のジャムと ロシアのジャム。

    タイムスリップ完了。

    ロシアの風土で育った こけもも には特別の味わいがあるのだろうか。

    ウズに行っていなかったら、

    きっと 再びロシアのジャムを食べることなんて無かったろうし

    子供の頃のあのジャムを探し当てた、というアハ汁も出なかった と思うと

    ウズ行きには縁というかそれ以上、もう運命を感じてしまう。

    たかがジャムでね。 運命って(笑) でもそうなのよ、やっぱり。


    世界でウズウズ ~日本篇

    TVを見ていても、 あっ!今ウズいの映った!ウズかった!

    街を歩いていても、これウズっぽ~い!

    ほらほらほらほら! を連発する私。

    はいはい、何でもウズに見えるんだねー、と彼。

    ムッ 本当なんだぞ。


    ウェンツ君が 首にぶら下げているスカーフは

    日本人になじみにくいと思われていた さくらももこチックなスザニ。
    スザニだ


    日本の住宅メーカーのインテリア集で

    ベッドカバーになっているのも 大判スザニ。
    カフェコーデ


    日本のハムメーカーのCMの隅っこに映っているのは

    グリーン一色のスザニのクッションカバー。
    ソーセージスザニ


    日本の家具メーカーが出しているソファの生地(イタリア製)は

    まるでサマルカンドブルーのスザニ柄プリント。
    ウズいソファー


    もちろん、スザニはアフガン~インド~中近東~北アフリカにまたがる

    広い地域でみられる工芸で、

    このトルコ モロッコ雑貨ブームにあっては

    誰もウズベクを意識してコーディネートしているわけではない。

    ない。

    分かっているけど、ハッとしちゃう。

    ウズい! 今 ウズいのはナウいのよ、ちょっと。

    ほらほらほらほら!って言っちゃうのよ、もう。

    ね?

    みんな欲しいの?

    昨日フジテレビで放映された

    ウズベキスタン特集のせいだろう、

    この細々続くブログの閲覧者数が 昨日だけ突如増えていた。

    そのうち20人が 同様のキーワードを検索してやってきた。


    それは

    「ウズベキスタン 帽子 アフロ 通販」。


    番組ではチョギルマと紹介されていた テルパク

    みんな あれ欲しいんだ…かわいいよね。
    アフロ

    あれ輸入したら 商売になるのかしら。

    みんな いくらなら買う気で検索したんだろう。


    この冬、あれをかぶって銀座を歩けるかなってずっと考えてきたけれど

    もしかしてイケるのかな。

    モロッコ雑貨をウズ化

    日本は空前のモロッコ ブーム。

    街は ウズベクっぽくて ウズベクよりカワイイ雑貨で いっぱいだ。

    家をゆっくりウズ化中の私には いろいろ買い時。


    ウズベクでお世話になったおばちゃんに傘をあげてきてしまったので

    アトラスっぽいトライバル柄の傘と、

    ウズでは殆ど見つけられなかった ウズい写真立てを、

    この機に買ってみた。
    ウズい雑貨

    今年が殊の外 雨が多いのか、

    それとも今まで雨が殆ど降らない国にいたからそう思うのか、

    5月から7月は なにしろジメジメじとじと憂鬱でたまらなかった。

    でもこの傘をさすと 嬉しくて楽しくて、実にいい買い物をした と

    思ったのもつかの間、雨は降らなくなった。


    写真立ての方は、何を入れようかなー。


    ベースにアドラスの端切れを敷き、

    メドレセの窓のような方には ミニアチュール(細密画)を、
    ウズい雑貨の中を入れた
    アドラスのような方には サマルカンドの紙工房コニギル・メロスの名物 おっさんしおり

    はさむことにした。

    やばい、おっさん カワイさ倍増だ。


    これまでミニアチュールが入っていたスザニの写真立ては
    写真たて 細密画
    KANISHKAが廃材を再利用して作ったもので

    ウズ布を貼ったタイプはこれ一つきりだった。

    もっと作ればいいのに。

    それに スザニよりアトラスの方が大量生産に向いているし

    加工もしやすい。


    アトラスで写真立てを作ってほしい、と

    Cocoonのグルノーザさんにリクエストをしてはあるけれど

    それを聞いてくれるかどうかは分からない。

    でもヒヴァでは 木彫りのまな板とかオブジェの土産物が盛んなので

    もう ひと工夫で、↑の黒いタイプに近いものはすぐ出来るだろうと思う。

    ウズベクに来るツーリストはみんな一眼レフでバシバシ撮るんだから

    ウズくてシックな写真立て、あれば買ってくれると思うんだけどな。

    こんなん持って帰ってきました

    ウズベキスタンのキッチンでは、

    洗面器を ボウルにしている。

    レトロでキッチュな ホーローの洗面器や、

    うすっぺらいプラスチック洗面器が

    野菜洗いに、粉モノの練り鉢に、揚げ物のバットに、大活躍である。


    特にウズベク人の プラスチックやポリエチレンへの信頼は絶大で

    アツアツのサムサをレジ袋に入れたり、

    シューシュー言ってる丸揚げポテトを 鍋から直接プラ洗面器にとったり、

    70%の危険濃度の酢を ペットボトルやプラボウルで保存したり、

    とけないの?何か滲み出てこないの? と心配になる使い方をしている。


    でも大変素晴らしいものもあって、

    私が気に入ったのは この ふた付きボウル。

    ウズ人は、余ったナンの保存や プロフのテイクアウトにも使う。
    ボウル

    日本なら、ギリギリまで泥を付けておいた方が良いと言われる野菜も、

    ウズベクでは色々考えてしまう。

    日本より ムイムイちゃんが付いていることも多いし、

    うずたかく積み上げるので いつどこで落としたかもしれず、

    しなびないように しょっちゅう かけている水の衛生も気になる。


    そういうわけで、バザールに行った日は、私は葉物を全部洗ってしまう。

    そして洗ったレタスやルッコラ、小ねぎ、キンザ(パクチー)、それにラディッシュ を

    水を切って このふた付きボウルに入れて冷蔵庫へ。

    毎日サラダがすぐ出来て とっても便利だった。


    小さめのボウルは、いちごや ラズベリーと言った

    潰れやすいフルーツを買う時に持参し、これに入れてもらう。

    そして洗ったフルーツを ごろっと入れて冷蔵庫へ。

    キロ買いしても パクパクつまめる。


    ふた付きだと、

    高くて粗悪な ラップを買わないで済むし

    庫内でスタッキングもできて エコでスッキリ。

    とにかく 使っていて気持ちが良かったので、

    日本に持って帰ってきた。

    葉物キープはもちろん、ポテサラを作ってそのまま保存や

    乾物を戻したり、豆腐を買いに行ったり、ずいぶんと役立っている。


    軽いし、サイズや色も豊富なので、ぜひ お土産にどうだろうか。

    うちの叔母も買って帰ったほどなので、

    主婦ウケは絶大と思われ。

    虫干しで アリ?

    昨日、たまたま入った和雑貨のお店で

    正倉院柄や太子間道がパッチワークされている変わった帯を見た。

    あぁシルクロードてんこ盛りの帯だなぁ、と近づいたが最後

    お客様っ そちら龍村でね~ 龍村にしてはお安いの、24万円!

    いつ息継ぎしているのかと思う程ノンストップの店員に捕まった。

    別に欲しくないんだけど、ウズいと思っただけなんだけど・・・

    なんとか切りあげて店を出たものの、

    ネットで見てみたら、14万円台で売っているではないか。

    まったく着物の世界の値つけって恐ろしいな。


    でも、例えばアトラスの ほんの端切れを

    無地の帯の 一部分にアップリケしてみるだけでも

    いいわけだ。


    ウズ着物やスザニ帯を仕立てるほど着物好きではなくても、

    浴衣ならウズに持ってきている人は沢山いることと思う。

    半幅帯にちょっと挟み込んだり、
    アップリケ帯

    このところの主流である 帯を折り返して

    リバーシブルの裏色を見せる結び方の

    裏色の部分にアトラスを使ったりすれば、
    はんはば帯結び

    かなり お気軽。


    もう少し涼しくなったら、ウズ着物るっくを工夫するのが楽しみで

    この間 ウズから送った着物を整理していたら、

    アリんこちゃんのバラバラ死体が あちこちに挟まっていた。

    ウズの家、アリ多かったもんな。

    一緒にたたんでしまっていたらしい。

    正絹に挟まれ 圧死のうえ、

    重みと摩擦と振動でバラバラとは、むごい最期。

    ごめんなさいね。

    ついチュモイラニン ウイ(蟻の家)というお菓子が恋しくなった。

    日本でもウズい旋風

    70年代っぽい、サイケ!と一目ぼれして

    1年半前に買ったまま眠らせていた アトラスプリントの クレプデシン
    デシン

    ようよう ロングブラウスにすることに決めた。

    デシンチュニック
    このまま着れば チュニック。

    ブラウジングすれば お尻が隠れる ロング ブラウス。

    セットで ショートパンツも作りたかったが 残念ながら生地が足らなかった。


    クレプデシンは、フランス語の チャイナ風ちりめん から来ている。

    ソビエト時代 1950~60年代のおしゃれ着として ずいぶん流行ったようだ。

    大概は真っ白なちりめんで、今も 50年前のデシンよ、とありがたがりながら

    オートクチュールの裏地に使ったりする。


    アトラス柄のプリントは、白ちりめんをベースに なされたから

    プリントものの色彩は とてもハッキリパッキリしていた。

    当時はそれでよかったみたいだが、

    近年はそれでは派手すぎて売れないので

    デッドストックのデシンには、

    ワントーンかツートーン くすんだ色をかけ直すのだそうだ。

    私のデシンも まさにその くすませたもの。


    今のウズベクでは、こうしたデシンは デッドストックを残すのみらしく、

    生地屋に行っても必ずあるわけではないし、

    リピートも出来ない。

    だがレトロな雰囲気で ドレスにするには人気の素材なので、

    デシンを求めるウズベチカは多い。


    手に入れたい方は、チョルスーの生地屋の

    チョルスープラザの並びの半地下の店が 比較的デシンが得意。

    爺ちゃんは非常にスノッブなので、若い店員さんを狙うべし。


    昨年に引き続き、世界的にトライバル柄がトレンドなので

    あっちこっちで、あっアドラス?! という服やカバンに出会う。

    特にCOCUEは かなりのウズっぷり。

    というわけで、今のところ 日本でウズアイテムを着ていても

    全く浮いてない、はず。

    ただスザニのバッグは オバチャマの食いつきがハンパなく、
    madina bag
    皆さん二度見のガン見。

    やっぱ素敵でしょ。そうでしょ。

    5か月後に会いましょう

    暑苦しいが、今日は ニット。


    instagramでオーダーを受け 自宅で商売をしていたKlara&Ruha

    お店をオープンさせたので

    ショーで気になった アトラス柄 ニットのレギンス↓を オーダーした。
    2013underground3.jpg

    機械編なので、サイズを計ってもらってから10日で できあがり。
    クラライルハ レギンス
    とてもしっかりしていて 暖かい。

    ついでに、やはりショーで気になった ニットスカートも買った。
    クラライルハのスカート
    これがまた、かるくて暖かい。

    どちらも16000~17000ソム(5500~6000円)。


    Klara&Ruhaは 本来ドレスメーカー。

    昨年秋冬シーズンのテーマに ニットをデザインしただけで、

    ニット自体は外注。

    製作はニットデザイナー スフィアの友人が請け負っているので

    Klara&Ruhaに内緒で 彼女に直接頼めば 割安に請けてくれるとのこと。


    Klara&Ruhaには、アドラスを使ったモダンなものも、ウズベクテイストゼロのドレスも

    バッグなど小物類もある。

    とてもセンスのある 若くて美しい姉妹が

    楽しそうに服を作っているので、

    日本でも着られそうな イマドキ感覚のエッジィな アドラス ドレスを作りたいなら

    彼女達はオススメだ。


    ショータルスタベリ通りのDUBAI CAFEの近く。バス停裏。地下一階。
    クラライルハ
    +99890-932-7481


    さて、アイスランド ウールを

    先述のスフィアに 編んでもらった。

    イメージと、編み方と、毛糸の量が なかなかバチッと合わず

    最終的に彼女に任せたので 出来上がりはちょっと微妙…
    ニットゲートル

    と思ったけど 着てみたら結構気に入った。
    ニットゲートル2
    レッグウォーマーは ロシア語で ゲートル という。

    ゲートル!兵隊さんのすね当てのイメージしかなかったけれど

    これからは私もゲートルをはく。

    冬が来るのが楽しみだ。


    アイスランドセーターは 安くても2万5千円くらい

    素敵なものは5万円近くするが、

    毛糸なら ひと玉500~600円くらい。

    編み賃を入れても8千円くらいで出来上がったのは

    ビバとしか言いようがない。

    ウズベクにいられたことに改めて感謝。

    夢で逢いましょう

    旅が好き。

    ウズベキスタンにいるときは、その生活自体が旅みたいだったけれど

    今は日本にいることが仮住まいのような 旅の感覚がまだ少しある。

    そして早くも またどこかに行きたい。

    結局 人は日々旅にして旅を栖とする生き物なのか。


    さて、旅の移動時間の必需品は

    本と ゆるゆるソックスと 耳栓と アイマスク。

    アイマスクを ウズ布で作ってみた。
    アイマスク

    ウズベク人には全く馴染みがないらしいアイマスク、

    作っても売れないんじゃない?と言われたけど

    ウズベクが気に入った ツーリストは買うと思う。

    ウズベクの夢が見られると良いな、と思って。
    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して5年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント