スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウズ太郎にもアドラスを

    チモラーシカは ウズ太郎とペアルックをしたりしている

    親バカであります。


    ウズい服もやりたいなーと思って、

    お下がりでもらった Tシャツと短パン を リメイクすることにした。

    ウズ子供服

    …おっさんくさい。

    これでストローハットをかぶると、

    片手にセカンドバック持ってそう。

    キャップとスニーカーに合わせると、バスケ漫画みたい。


    ちょっと思ってたんと違う仕上がりだけど、まぁいいか。


    こんなんと ペアルックの親子、ドン引きだろうなぁ。
    コンビネゾン1
    スポンサーサイト

    かごバッグをウズ化

    帰国の際には アドラスの反物と ウズベクテープ(ジヤック)を たくさん買ってきた。

    子供が女の子だったら、ウズい服や 浴衣や 小物をたくさん作ろうと

    あれやこれや妄想していたけれど

    男の子と判ってからは それも急にしぼんでしまい、

    何に使うか…と思っているうち 帰国して早三年。


    タイで 600円で買った かごバッグが ボロボロになってきたので

    リメイクに使うことにした。
    カゴバッグウズ化

    アドラスで 中蓋もつけたら、ちょっと タイの少数民族の民芸品ぽくなった。

    600円よりはグレードアップしたね。


    ママバッグとして活躍中。

    今日もウズい親子です。

    ウズのベビースナック

    このたび、ウズ太郎にも ウズベク土産を頂いた。

    ウズベクにいるころは、

    近所のお兄ちゃんも子だくさんだったし、

    周りに小さいお子さんを帯同してきている邦人家庭だって結構あったものの、

    何を食べているとか、

    ベビー用品はどこで買っているとか、

    あぁ、こういう情報って ちゃんと聞いたことがなかったなぁと 思った。


    頂いたのは、チャームとお菓子。

    チャーム
    ゴムに 目玉のビーズが通っていて、腕に はめる魔除け。

    ファティマの左手かな(?)と思しき 手形付き。


    ボンディ
    ボンディ という カバ モチーフのビスケット。

    ロシア製で CIS諸国に卸しているようだ。

    ミルクやお湯に浸せば 5か月児からOKだそう。

    味はいたってシンプル。

    日本でも懐かしい たまごぼうろ的な やさしい味わい。


    ウズ太郎はこれをいたく気に入って、

    まいにち 「ボンディーちゃん、ボンディーちゃん、どうじょ(=チョーダイ)」。

    とうとう無くなってしまうと 泣いて悲しがって、

    未だにおやつ全般のことを 「ディーちゃん」と呼んでいる。


    小さいお子様連れでウズを旅するなどないでしょうけれど、

    そういう際には、スーパーで ボンディーちゃん をお探しください。


    ウズベクからのお土産

    プロフ缶のほかにも、

    こんなお土産を頂いた。

    ウズベク料理のスパイスセット。
    スパイス

    サムサ  プロフ  シャシリク  ラグマン

    が ご家庭で気軽に本格ウズの味。


    私の目の前で料理を作ってくれた 数々のウズ人たちは

    こういうの使ってなくて、

    バザールで ズィラー(クミン)や 好みのものをちょちょっと買うくらいだったので

    私も使ったことがなかった。


    でもスーパーには こういう 「~の素」 は売られていて、

    最近の人は割と使うみたいだと聞いていた。

    けれど、こんな おしゃれなパッケージではなかったし

    鼻を近づけると 香りが漏れていたりして、ちょっと…だった。

    ちゃんとしてきたのねぇ、ウズさん。


    うちのウズ太郎は普段白米派ながら プロフは好き。

    これで プロフを作ったら、

    今までで一番 よく食べた。

    やっぱり、羊の肉と脂の味 そして黄色い人参の甘味が 違うから、

    日本で作るプロフは どうしても一味足らないかもしれない。

    このスパイスで はっきりした味にすると

    コクが出て、日本で再現するには いいのかも。


    大事に使わせていただきます。

    プロフの缶詰を食べてみた

    だいぶ前の話になるけれど、

    ずっと気になっていたプロフの缶詰を お土産に頂けたので

    ようやく試してみた。

    プロフ缶1

    20分湯煎すると、パッケージは もう いない。

    フタを開けると オイルで つやつや てかてか。

    さすが タシケント風をうたっているだけある。
    プロフ缶2

    ぎっとりオイリーかと思いきや、意外にも 思ったほどに脂分は出てこない。
    プロフ缶3

    お味はやっぱり こっくりしていて、

    そんじょそこらのウイグル料理屋で食べる 日本人向けポロ よりは

    はるかに タシケントプロフの雰囲気を よく伝えている。

    おいしいね、これは! 懐かしい!

    ウズ太郎も食べたがり、家族3人 先を争うようにペロリ。

    お土産に、おススメします。


    新札でました

    そういえば、ホットなニュースを忘れていた。

    ウズベキスタンの通貨ソム(スム)は

    長らく最高紙幣が 1000ソムで 実勢レートで30円ほどの価値。

    何百ドルか両替すると 身代金持ってるみたいなことになってしまって

    不便極まりなかった。
    身代金


    私がいるころに5000ソム札が出たのが 超ビッグニュースだったのだけれども、

    このほど、ようやく10000ソム札が出たのだ!

    10000sum.jpg
    10000sum 2

    AKIPRESSより


    これで旅行者のバッグは、ソムであふれかえらずに済むし

    持ってきたお財布でお金を管理することができる。


    まだたくさんは出回っていないらしいけれど、

    これからウズに行かれる方は、両替は10000ソム札を指定すると便利です。

    「10000」 は ウズ語で オンミン

    「新しい」 は ヤンギ 。

    この辺 連発すれば通じるでしょう。

    ウズベク人の名前

    ウズ太郎との毎日はEテレを見るのがやっとで

    ウズベキスタンのニュースをリサーチする暇もない

    この頃ではあるけれど、

    それでも世界のテロのニュースの犯人が

    立て続けにウズベク人だったのは耳に入ってきた。


    サンクトペテルブルクの地下鉄爆破テロ犯アクバルジョンは

    キルギス人ということになっているけれど

    オシュ出身のウズベク族だという。


    イスタンブールのナイトクラブ銃乱射事件の容疑者アブドゥルカディリも

    ストックホルムのトラック事件の容疑者ラフマットも

    ウズベク人。


    アクバルジョンは アッラーを「偉大」と讃える名 アクバルに

    ウズベク語の「くん」や「ちゃん」に当たるような 男性用の愛称ジョンがくっついた名前。

    偉大君。


    アブドゥルカディリは 「有能」という意味があるが

    ウズベクでは大変有名な イスラム詩人の名でもある。


    ラフマットは「慈悲」というような意味で

    ウズベク語では「ありがとう」として

    毎日毎日何度口にするかわからない言葉でもある。


    いずれも ムスリムらしく、かつ 大変に ウズベクらしい名前の持ち主。

    彼らに何があったんでしょう。


    2年前、アメリカのウズベク人 という記事を書いた。

    このところアメリカでは 悪役がウズベク人になっている、と。

    それが世界に波及し始めている。


    ロシアから独立して20年、地方から出てきて 世界を知ったウズベク人は

    自分の生まれたところの 純朴さや まじめさや のんびり感や あるいは貧しさを

    何だか、なんだか、 なんでこうも違うものかと

    自分たちと 他の国の人間との違いって何なんだ と

    自分に向き合い自分に問い続けてしまうところがあるんじゃないかなー。

    そうすると、神の言葉が身近に思えたり

    他者が堕落して見えたり

    扇動的な言葉が魅力的に心に響いたり、

    そういうことがあるのかなーって。


    彼らの美しい名前を聞くだに、なんだか彼らのバックボーンを思ってしまう。


    ウズ太郎に愛称をつけるとしたら、

    ウズベク式に言うと

    ウズトンジョン。

    ウズトンジョン、ウズちゃん、君は人を傷つける人にならないことを願います。








    ウズベク抑留の映画を見るには

    新年どころか、旧正月すら明けてしまったではないか。

    巷は春めいてきて、もはやナウルーズが見えてきたような陽気。


    ウズ太郎がヨチヨチと歩き始めてからは

    PCを触る時間が まったくない。
    ウズ太郎あるく

    それでも何とか今年は

    ウズベキスタン協会の新年会に参加して

    ウズ人の炊いたプロフと サモサと ナンを 久しぶりに味わってきた。
    新年プロフ


    大学で見ていた学生さん3人、直接 教えてはいないけど知ってる学生さん2人、

    NORIKO学級で会っていた女の子も1人 来ていて

    みんなの日本での活躍がうれしい。


    そして、一番の収穫は

    昨年見そびれてしまった 日本人抑留者資料館 館長スルタノフ氏の記録映画「ひいらぎ」が

    特別上映されるというチラシをもらったことだった。


    新宿住友ビル48階
    平和記念展示資料館

    2/25(土)  3/11(土)  ともに 14:00~14:50  無料


    今回は行けますように。

    ファミリーヒストリー

    10/20 19:30NHK
    ファミリーヒストリー

    ケンドーコバヤシのおじいちゃまは

    ウズベキスタン抑留者だったそう。

    http://www4.nhk.or.jp/famihis/x/2016-10-20/21/5606/1804100/

    Cocoonデビュー

    アトラス ハンディクラフト展に応募したアイディアが

    ヒヴァの土産物店Cocoonで採用販売されるかもしれない、

    という知らせをもらって半年あまり。


    その採用商品が届いた。


    *トカゲのぬいぐるみ
    トカゲ

    本当は手足と口にマグネットを仕込んで

    冷蔵庫なんかに貼れる写真立て のつもりで応募したのだけど
    とかげ0
    マグネットのちょうどいいのがなかったのか

    その機能は不要と判断されたのか、

    いずれにせよ シェイプのみ採用ということになったようだ。


    *ラクダの写真立て
    ラクダ

    これも本来は こぶにマグネットを仕込んで応募、
    らくだ0

    大中小と作り、写真立てキャラバンにするとカワイイと思ったのだが

    マグネットなしでも カード類は挟めるようで

    ぬいぐるみ兼 写真立て というような感じになったみたい。

    こぶに絵葉書が挟めることに 何人のひとが気づいてくれるかなーという不安はあるけど。


    この二つはどちらも 彼のデザイン・制作で、

    私は マグネットで写真を挟めるようにしたら、とか

    型紙はこういう風にしたら、とか

    ちょっとアイディアを足しただけ。

    でも一応 共同作業の末 生まれ出たカワイイ子たちなので、

    それが実際商品となって ヒヴァの街と

    ヒヴァに魅せられた旅人の家を飾るなんて

    とっても うれしい。


    私が応募したものは、

    残念ながら いまだ採用ならず。

    ちょっと長めに作る ワイヤー入り リボンカチュ-シャ。
    りぼん00

    旅行者なら必ず持っている帽子に巻くだけで
    リボン0
    ウズベクファッション出来上がり。

    老若男女も 帽子のデザインも ほぼ問わないし、

    髪に巻いても 首に巻いても

    ワイヤー入りなので風に飛ばされない。

    ウズ観光には 激しくオススメの一品だったのになー。

    私自身は去年も この夏も とてもよく使ったので

    できれば作ってみてほしいなーと思うけど

    なんだかワイヤーが難しいのだそう・・・。


    でも、以前の商品会議で提案しておいた

    アトラスの写真立てや

    くるみボタンのヘアゴム

    定番テディベアの極ミニサイズ

    などのアイディアは少し商品になっているみたいなので

    ヒヴァ観光の際はぜひCocoonでお買い物を!

    プロフィール

    チモラーシカ

    Author:チモラーシカ
    ウズベキスタンの首都
    タシケントで
    働いたり 趣味に燃えたり
    壊れまくる冷蔵庫に泣いたり
    の毎日を経て、
    ウズベク暮らし4年目の夏
    日本へ帰ってきました。

    趣味: ものづくり 韓国語
    モットー: 何でも食べる

    帰国して3年
    経ちますので
    情報はどんどん
    劣化していきます。
    コメントやご質問へは
    記事コメント欄でのみ
    ゆっくり お返事しています。
    個別にメールを差し上げる
    ことは ありません。 また
    緊急のご質問には
    対応できません。
    ご了承下さい。

    いらっしゃいませ
    リンク
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。